山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第050回「結婚披露宴での洋服」

2011.05.20

Q 友人の結婚式で県外のホテルに行く予定です。結婚披露宴の案内状に「平服でお越し下さい」と書いてありました。移動の事も考えると、どの程度の洋服にするべきか困っています。決まり事があったら教えて下さい。(Aさん・20代・女性)

 

 

A 文字通りにとらえると、普段着で良いように思えるかもしれませんが、実際には普段着で出席すると、周囲から一人だけ浮いてしまい、恥をかくことになりかねません。「平服」とは、カジュアルで良いという意味ではなく、略礼服で良いという意味です。

 

友人として出席をする女性の場合、上品で華やかなワンピースやスーツ、アンサンブルを選ぶと良いでしょう。また、洋服の色は花嫁さんのウェディングドレスの色である白色を避けて選びましょう。クリーム色も、広い会場では白に見えますので気を付けたいものです。しかし、いくらシックにまとめたお洒落な装いであっても、葬儀を連想させる真っ黒での統一にはならないように。華やかさをプラスする努力も必要です。装いに困った時はコサージュなどを使用してみましょう。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)