山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第039回「訪問先での心配り」

2011.03.04

Q お世話になっている先輩のご自宅にお食事に行きます。ホームパーティーと聞きましたが初めての経験です。気を付ける事を教えて下さい。

 

 

A 訪問先の方がお茶を運んで下さる時、家具の設定の関係などで、渡して下さる方の位置からでは、テーブルにお茶を置きづらい事をお見受けになった事はありませんか?その場合、座っている人から両手で受け取り、ご自身の前に置く程度のささやかなお手伝いをして下さい。

 

訪問先でお茶を運んで下さる方と、レストランでお茶を運んで下さる方とは立場が違います。レストランでは、テーブルに置いて下さるまで手を出さないようにします。それぞれの状況や立場により、ティーマナー、テーブルマナーも異なる点があります。お相手の立場に敬意を表するためにはどのようにすべきか?しっかりマナーの知識を身につけましょう。

 

また、左の写真のよ110304_mana1うなケーキを取り分ける場合、左端から取り分けましょう。他の場所にぽっこり穴が開かないようにします。ケーキバイキングなども同様です。ちょっとしたしぐさが、貴女のイメージを左右しているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)