山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第033回「お花の贈りもの」

2011.01.21

今回はお花にまつわるマナーについてご一緒に考えましょう。

 

ご家庭でのお食事会に招かれた時にお花を持参するには、花束でなく、籠の中に飾ってあるお花に致しましょう。お花を受け取った人は、すぐにそのお花を生けてお披露目しなければなりません。忙しくお食事の準備をなさる人の立場を考えると、最初からアレンジしてあるお花の方が好まれます。

 

【お供え用のお花】

仏壇やお墓などへお供えをして頂くためのお花を持参する時は、トゲのある洋花(バラなど)はさけるようにいたしましょう。頂いた方は、せっかくなので飾らないわけにもいかず、困ってしまわれる事でしょう。

 

【お見舞いのお花】

ブルーのお花は、葬儀を連想させる物とも言われております。とても綺麗な青いお花は沢山ありますね。お見舞いの時には、特に注意なさった方が無難です。

 

よかれと思って贈ったお品で、逆に恥をかいていたり、お相手に負担を与えている事がないようにしたいものですね。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)