山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第031回「年賀状」

2011.01.07

Q 年賀状を出していないお相手から、1月1日ではなく4日に年賀状が届きました。1日に届いた人には急いで年賀状を出しましたが、三が日を過ぎてから年賀状を出すのも遅すぎて感じが悪いかな?でも出さないわけにもいかないし…と悩んでいます。

 

A 「寒中お見舞い」としてお出しになる事をお勧めいたします。文面より少し大きめに冒頭部分に「寒中お見舞い申し上げます」と記載します。1月8日頃から2月4日頃までに出す時に使用する言葉です。お返事を出さずそのままになさるよりは、「新年のご挨拶が遅れ失礼いたしました」「本年も宜しくお願い致します」などの言葉を添え、お返事をなさる方が宜しいのではないでしょうか。

 

====================

 

Q 死去した祖父宛てにも年賀状が届き、返事に困っています。マナーとしては、どうするべきでしょうか?

 

A 死去なさったご家族に届いた賀状に対しても、ご家族が代筆理由と生前お世話になった感謝の言葉を添え、お返事の対応をなさる事をお勧め致します。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)