山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第029回「お土産を渡すタイミング」

2010.12.17

Q 年末年始はお世話になっているお宅に訪問する事が多いのですが、お土産物はどのタイミングで渡すべきでしょうか?

 

 

A お土産の種類によって渡すべき場所が異なります。

 

例えば、鉢植えの植物、アイスクリーム、生クリームたっぷりのケーキ、魚介類などは玄関先で、スリッパを履く前に靴を履いたままお渡し下さい。座敷を汚してしまう可能性のある土のついた物、あるいは冷蔵庫にすぐに入れる必要がある物の場合です。一言、その趣旨について言葉を添える気遣いも忘れないように致しましょう。

 

その他、お饅頭、パウンドケーキなど冷蔵庫に入れる必要のない物は、お部屋に通されてからご挨拶と共にお渡し下さい。

 

ご挨拶については、玄関先では長話は控え、始めのご挨拶のみに留め、お部屋に通されてからきちんと改めてご挨拶をするようにします。無論、アポイントのない訪問については、お部屋に上がる事を勧められても、玄関先のみのご挨拶で失礼させて頂きましょう。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)