山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第026回「贈り物のマナー」

2010.11.26

Q お中元の時期に慌ただしく過ごしており、お中元が贈れなかったのですが、お中元をしないでお歳暮を贈るのはマナー違反でしょうか?

 

 

A 大丈夫です。お中元を贈っていなくてもお歳暮を贈る事は出来ます。

 

お歳暮は、1年間お世話になった事に対するお礼の意味が込められています。逆に、お中元をしてお歳暮をしないのはマナーに反するとも言えます。お中元、お歳暮どちらか1回のみにする場合は、お歳暮に致しましょう。

 

そして、何度も行うお礼については、水引きは蝶結びを使用します。結びきりの水引きは1回のみの行事(結婚式など)に使用します。

 

また、品物のみを送りつけるのは失礼にあたります。宅配の場合は、品物にお手紙を添えるか、もしくは品物が届く前に品物が別便にて届く事とお世話になったお礼の言葉を添え、ハガキにて一足先に出すようにしましょう。この場合、信書ではなくハガキで結構です。お相手が連絡事項としてすぐに目を通す事が出来る配慮としてハガキにします。込み入った用件などと混同して書かないように致しましょう。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)