山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第025回「数に注意!」

2010.11.19

Q これから忘年会の時期になるので、宴会の席などで気をつけるべき事を教えて下さい。

 

 

A それではお食事の時のみでなく、贈答のマナーにも共通するマナーをお伝えいたします。

 

周囲の方々のお食事を取り分けてあげる事に、間違って頂きたくないのが、品数です。日本のしきたりでは、偶数を避けるようにします。4つではなく、3つ、5つを盛り付けるように致します。せっかくの親切心がマナー違反になっていてはとても残念なことです。

 

それに共通して、お食事の時のみでなく、贈答品などの品数にも気をつけましょう。

 

ただし、偶数をさけた方が良いと言っても10個セットのお饅頭を箱詰めの中から1つ欠けさせる必要はありません。きちんと箱詰めされている物は、1セットとして考えます。また、2つは偶数であっても失礼にあたらないケースが多数ありますので、今までの経験を振り返って、はっとなさらなくても大丈夫です。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)