山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第015回「自身を客観的に思い浮かべましょう」

2010.09.10

Q テーブルマナーで一番気をつける事は何ですか?

 

 

A 気をつけるべき事は沢山ありますが、写真のようなシチュエーションを記憶しておいてはいかがでしょうか?貴女自身をご自身で客観的に思い浮かべる習慣を身につけて下さい。美人癖の第一歩です。

 

写真はお食事後のテーブルです。左側のテーブルナプキンがグチャグチャの席が女性、きちんとたためている右側が男性のお席だったのです。男性はきちんとした姿勢で椅子に座っているのですが、女性は姿勢を崩しヒジを机に置いて話していました。ご自身では可愛いしぐさと思っていらっしゃるのでしょうが、なんとも見苦しいものでした。その女性が立ち去った後のテーブルナプキンは、こんなにもグチャグチャに置かれているのです。

 

本人のみでなく、ご一緒なさった方にも恥をかかせる事になります。ナイフやフォークを美しく使いこなす前に、どなたからも好感をもって頂ける「姿勢」に気をつけてみましょう。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)