山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第011回「和のお食事のマナー」

2010.08.13

今回は、「お食事に行った時など、お椀の蓋の置き方に困っている」との質問にお答え致します。

 
100813_mana1写真のように、お椀の右に置きます。

 

お椀に蓋をひっくり返してしまいますと、器の模様に傷をつける恐れもあります。ひっくり返さずに「懐紙」の上に置く心遣いをなさってみて下さい。懐紙を敷かずにそのまま置くと、テーブルに滴がついてしまうのを避けるためです。お茶を頂く時の湯飲みの蓋も同様です。

 

お出かけ用バッグの中には懐紙を入れておく事もマナーのひとつです。

 

しかし、とてもカジュアルな場所でのお食事については臨機応変に対応なさって下さい。きちんとしたお行儀を身につけているからこそ、状況に応じてくずす事も出来、あなたの好感度もよりアップします。

 

今回のお写真は、「KKR山口あさくら」様(山口市神田町)のご協力です。ありがとうございました。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)