山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第008回「お茶菓子」

2010.07.23

Q お盆にかけて、来客が多くなります。お客様にお茶菓子を出す時に気を付けるべき内容を教えて下さい。

 

 

A 複数のお客様がいらっしゃる時、または来客の人数が前もってわからない場合には、準備をするお菓子の数にも困りますよね。そして、急な来客でお菓子を購入に行くのも間に合わなくて困ってしまう事もあるかと思います。しかし、どんな場合にも心のこもったおもてなしは心がけたいものです。

 

あり合わせのお菓子でも、きちんと袋から出して準備をするだけで、お客様のために特別に用意をしたという心は通じます。また、きちんと袋から出したお菓子を用意する事は、和のマナーの心得でもあります。

 

残ったら使い回しをするイメージよりも「あなたのために特別に用意をさせて頂きました」との心の表れでもあります。ケーキのフィルムも同様です。きちんと取り除いてからお皿に盛り付けましょう。2種類のお菓子の用意の仕方、見比べてみて下さい。

 

100723mana2maru100723_mana1batu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)