山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第004回「手紙のマナー」

2010.06.25

Q 封筒の裏に書く「〆、緘、封」などの使い分けってあるんですか?いつも迷っています。(周南市・Tさん・女性)

 

 

A Tさんのお相手に敬意を表すお心遣い、大変素敵な事と思います。

 

「〆」は略式。「緘」は差出人が男性の場合とも言われています。「封」は一般的。「壽・賀」は慶事と使い分けをする事が出来ます。横書きのお手紙の場合は洋封筒を使用するので、その場合は欧文手紙に準じて書かない事も考えられます。

 

そして、封をする時は、セロテープやホッチキスを使用しないで、きちんと朔付けするようにしましょう。住所は有名な市であっても県名から書くと、丁寧な印象になります。

 

また、手にするペンの印象によっても、貴女の印象は大きく変わります。

 

物事にこだわらない安い印象。女性らしいこだわりと優しい印象。男性イメージの黒色の万年筆で強い女性の印象。

 

状況に応じて手元の使いわけを楽しんでみましょう。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)