山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

竹林寺に題す

2017.03.10

歳月人間促

煙霞此地多

殷勤竹林寺

更得幾回過

 

七八〇年頃の朱放(しゅほう)の「竹林寺に題す」。竹林寺は複数あり、特定し難い。題すは壁に書きつける。

 

■読みと解釈

歳月人間促

歳月は人間(じんかん)に促(せま)り

[時の流れは人の世に押し迫り]

 

煙霞此地多

煙霞(えんか)は此(こ)の地に多し

[朝焼け夕焼けはここには一杯]

 

殷勤竹林寺

竹林寺に殷勤(いんぎん)せん

[竹林寺に心をこめ念を入れたい]

 

更得幾回過

更に幾回(いくかい)か過(よ)ぎるを得ん

[以後何度も立ち寄ることはできぬ]

 

 

■注目点

竹林寺に対する朱放の思いに注目。

朱放は竹林寺の壁に何を書きつけたのか。ひと言で言えば信心。

初めの2句は竹林寺の時間。寺と言えば死者を弔う所。時の流れは、お構いなく、容赦なく押し寄せ、人を死に追いやる。だが竹林寺には一瞬の光明がある。それは朝焼けと夕焼け。いかにも仏教らしい。

終わりの2句は竹林寺の信心。お構いなく、容赦なく、竹林寺に押し寄せる時の流れ。何度も立ち寄ることはできぬが、立ち寄り、信心を深めたい。

食い止めることのできぬ時の流れ。そんな中で人間は生きている。朝焼け、夕焼けの光明は、心休まり幻想的。

この光明を何度も見ることはできぬ。竹林寺に殷勤せねばならぬ。殷勤が本詩の中心語。

 

《PN・帰鳥》