山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

玉関にて長安の李主簿に寄す

2019.06.07

東去長安万里余

故人那惜一行書

玉関西望腸堪断

況復明朝是歳除

 

 七一五年生まれの岑参(しんじん)の「玉関(ぎょくかん)にて長安の李主簿(りしゅぼ)に寄す」。玉関は西域と内地の境界に設けた関所。李は姓。名は不明。主簿は文書係。

 

読みと解釈

東去長安万里余

 東のかた長安を去ること万里余(ばんりよ)なるも

[長安から西の方角へ一万里余りもやって来たが]

 

故人那惜一行書

 故人は那(なん)ぞ一行(いちぎょう)の書を惜しむや

[昔なじみは一行の文字をなぜ惜しみよこしてくれぬ]

 

玉関西望腸堪断

 玉関にて西のかた望めば腸の断(た)つるを堪(た)えたり

[玉門関から西を眺めると腸が千切れるのを我慢した]

 

況復明朝是歳除

 況(いわ)んや復(ま)た明朝は是(こ)れ歳除(さいじょ)なるをや

[ましてや明日の朝は大晦日だからなおさら我慢せねば]

 

注目点

 岑参の思いに注目。

 長安を去って西の方角へ。作者岑参は玉門関まで来る。そこから首都長安を思う。長安には李がいる。李とは仕事仲間。岑参が西の方角へ行ったのを李は承知している。西がどんな所かも承知している筈。なのに一行の文字も送って来ない。岑参は李を責める。

 責める理由は二つ。一つは今から行く玉門関は更に西。人の住む所ではない。断腸の思い。一つは明日は大晦日。一年の終わり。人生の終わり。自分の人生には新年はない。李を責める岑参。

 

《PN・帰鳥》