山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

婕妤の春の怨み

2018.05.25

花枝出建章

鳳管発昭陽

借問承恩者

双蛾幾許長

 

七一四年生まれの皇甫冉(こうほぜん)の「婕妤(しょうよ)の春の怨み」。婕妤は女官の名。姓は班。

 

■読みと解釈

花枝出建章

花の枝は建章(けんしょう)より出で

[花の枝は天子のいます建章宮から出て]

 

鳳管発昭陽

鳳(ほう)の管(ふえ)は昭陽(しょうよう)より発す

[鳳の笛は女官のいる昭陽殿から起こる]

 

借問承恩者

借問(しゃもん)す恩を承(う)くる者

[ちょっと聞くが恩愛を受けた貴女は]

 

双蛾幾許長

双蛾(そうが)は幾許(いくばく)か長き

[左右の眉毛がどれほど長かったの]

 

 

■注目点

何を怨むのかに注目。

建章は漢代の成帝が築いた宮殿で、成帝はここで班婕妤を寵愛した。昭陽は成帝が築いた女官専用の建物で、成帝はここで班婕妤ではなく、趙飛燕(ちょうひえん)という女性を寵愛した。

班婕妤が寵愛される建章宮からは、満開の花をつけた春の枝が香っている。満開の花の枝は班婕妤のこと。趙飛燕が寵愛される昭陽殿からは、瑞鳥の鳳の笛の音が響き亙る。鳳の笛の音は趙飛燕のこと。

ちょっと聞くがとは、班婕妤が趙飛燕に問うのです。問うたことは「私に代わって寵愛された貴女の眉毛はどれほど長かったの」。眉毛が長い。それは美人の条件。この問いが班婕妤の怨みなのです。怨む相手は趙飛燕。女官たちの葛藤です。

 

《PN・帰鳥》