山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

古い絶句

2017.11.10

藁砧今何在

山上復有山

何当大刀頭

破鏡飛上天

 

作者不明の「古い絶句」。四句からなる古い詩。製作は唐以前。

 

■読みと解釈

藁砧今何在

藁砧(こうちん)は今何(いず)くにか在る

[夫は今何処にいるの]

 

山上復有山

山の上に復(ま)た山有り

[外へ出て行っている]

 

何当大刀頭

何(いつ)か当(まさ)に大刀頭(だいとうとう)なるべき

[夫は何時還って来るの]

 

破鏡飛上天

破鏡(はきょう)の飛びて天に上(のぼ)るときならん

[欠けた月が天に上る時だろう]

 

 

■注目点

漢字遊びに注目。表面の意では判らぬ詩。隠語の詩。

藁砧は夫を意味する隠語。藁砧は砧(きぬた)の上に藁(わら)を敷き、その上に罪人を乗せ、鈇(ふ、まさかり)で殺した。鈇と夫が同音なので、藁砧は夫を意味する隠語。

山の上にまた山とは、出ると言う漢字。

隠語は判り難い。

一句目の問いに答えるのが二句目。

大刀頭とは大きな刀剣の先のこと。先には円形の玉が付いている。円形の玉は別に環と言う。環と還(戻る意味)は同音なので、大刀頭は還を意味する隠語。

破鏡とは欠けた鏡。欠けた鏡が空に飛んで天に上った時とは、満月が過ぎ月が欠けた時を言う。

三句目の問いに答えるのが四句目。

隠語は判り難い。

 

《PN・帰鳥》