山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

友人が蜀へ行くのを送る

2017.02.03

見説蚕叢路

崎嶇不易行

山従人面起

雲傍馬頭生

芳樹籠秦桟

春流遶蜀城

升沈応已定

不必問君平

 

七〇一年生まれの李白の「友人が蜀(しょく)へ行くのを送る」。蜀は四川省の地。

 

■読みと解釈

見説蚕叢路

見説(い)うならく蚕叢(さんそう)の路は

[人の話では蚕叢の蜀への道は]

 

崎嶇不易行

崎嶇(きく)として行き易(やす)からず

[険しくて容易には行けず]

 

山従人面起

山は人面従(よ)り起こり

[山は人の顔辺りからそそり立ち]

 

雲傍馬頭生

雲は馬頭に傍(そ)うて生ずと

[雲は馬の頭辺りから湧き起こると]

 

芳樹籠秦桟

芳樹は秦桟(しんさん)を籠(こ)め

[花咲く樹は秦のかけ橋を包み込み]

 

春流遶蜀城

春流は蜀城を遶(めぐ)る

[春の川は蜀の街をぐるり流れる]

 

升沈応已定

升沈(しょうちん)は応(まさ)に已(すで)に定まるべし

[人生の浮沈はとっくに定まっている]

 

不必問君平

必ずしも君平(くんぺい)に問わず

[君平に確かめる必要はない]

 

 

■注目点

蜀への道程に注目。

蚕叢は昔の蜀王の名。君平は占いの名人。

友人の行く先は蜀。蜀への道程は高低差があり険しい。山は歩行者の鼻先からそそり立ち、雲は乗り物の馬の天辺から湧き起こる。友人よ。蜀へ行くのは容易ではない。道程を承知の上で行き給え。

今は春。道程の樹木には花が咲き、秦の世に築いたかけ橋を包み込み、また春の麗らかな川の水は、蜀の街の外側を清く流れている。樹木の花も、川の水も、友人の来訪を待っているだろう。

蜀への道程は険しいが、行き着くと安らかさが待っている。

人生ってそんなもの。道程は険だが、到着後は安。険を乗り越えて安がある。険か安か。それは前もって定まっている。占いを名人に頼む。それは無駄なこと。

友人を送る李白。人生の険、安は運命。くよくよするな。蜀への旅を励まし、明るく友人を送る李白。

 

《PN・帰鳥》