山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

偶成

2014.02.21

少年易老学難成

一寸光陰不可軽

未覚池塘春草夢

階前梧葉已秋声

 

一一三〇年生まれの朱熹(しゅき)の「偶成(ぐうせい)」。偶然に出来上がる。

 

■読みと解釈

少年易老学難成

少年老い易(やす)く学成り難(がた)し

[若者は年を取りやすく学問は成就しがたい]

 

一寸光陰不可軽

一寸の光陰(こういん)軽んずべからず

[わずかの時間もおろそかにしてはならぬ]

 

未覚池塘春草夢

未(いま)だ覚(さ)めず池塘(ちとう)春草の夢

[まだ池の土手に生えた(楽しい)春の草の夢は覚めぬのに]

 

階前梧葉已秋声

階前の梧葉(ごよう)已(すで)に秋声

[階段の前の梧(きり)の葉はもはや(悲しい)秋の音がする]

 

 

■注目点

前二句と後二句とのつながりに注目。

時が経つのは早い。この点でつながる。

時が経つのは早い。だからすぐに年を取る。だから学問が成就しない。時間を大事にし、年を取る前に、学問を身につけるよう、叱咤激励する。これが前句。

時が経つのは早い。楽しい春の草の夢が覚めないのに、悲しい秋の梧の葉がとっくに散り落ちる。時はあっと言う間。これが後句。

前二句も後二句も、時の経つのは早いことを言うが、前句は直接的にずばり言い、後句は間接的に遠回しに言う。直接と間接。ここに詩作りの巧みさがあるようです。

なお、この詩の作者は朱熹ではなく、室町時代の禅僧ではないか、と言う説がある。

 

《PN・帰鳥》