山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.710】マリーゴールド「バンビーノ」

2019.07.26

マリーゴールド「バンビーノ」

科名/キク科

 

《特徴》

ブライトオレンジとイエローのバイカラーがとても魅力的な一重咲き品種です。開花直後は色も濃く、鮮やかな色合いが目立ちます。真夏の高温時や開花の後半になるにつれ、淡い色合いへと変化していきます。初秋頃には株の成長も落ち着き、花の色合いが綺麗なバイカラーが長く楽しめます。

 

《管理方法》

日当たりと水はけの良い場所を好みます。生育の適温は20℃ぐらいですが、夏の暑さにも耐えます。「バンビーノ」はフレンチ種のため、短日(日照時間が短い)の方が花つきが良く、30℃以上になると咲きにくくなることもあります。鉢植えにして軒下など半日陰で管理すると、花つきも良くなり長く楽しむことができます。土が乾き始めたら、たっぷりと水を与えて下さい。水切れすると下葉が枯れ上がりやすいので注意しましょう。肥料はリン酸分の多い肥料を定期的に与えて下さい。チッ素分が多いと葉が茂るばかりで花つきが悪くなります。主な病害虫として、灰色かび病、アブラムシ、ハダニなどがあります。灰色かび病は、長雨や多湿になると花や枯れ葉にカビが生え、広がっていく病気です。こまめに手入れをし、風通しを良くしておきましょう。アブラムシやハダニには、ベニカXネクストスプレー(住友化学園芸)など、適した薬剤を使用しましょう。