山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.698】ゼラニウム「サクラノダンス」

2019.04.26

ゼラニウム「サクラノダンス」

科名/フウロソウ科

 

《特徴》

 「サクラノダンス」は、まるで桜のような花形で、花びらの中心の白色が桃色へと濃く鮮やかに色づくのが魅力的なゼラニウムです。ゼラニウム特有の花茎が長く、たくさん花をつけるため、風に揺られる姿が、まるでダンスをしているかのような優雅さと可愛らしさを感じさせます。春から梅雨時期まで次々ときれいな花をたくさん咲かせてくれます。真夏は暑過ぎて花上がりが悪くなりますが、涼しくなる秋ごろにもう一度花を楽しめます。

 

《管理方法》

 日当たりがよく、排水性のよい土壌を好みます。真夏は西日の当たらない場所が適しています。また、雨に当てると茎葉や花が腐りやすいので、鉢植えであれば、長雨の時期は軒下などへ移動させましょう。庭植えの場合は、梅雨時期に株を切り戻しておきましょう。真夏に葉の色が白っぽくなることがあります。これは高温によるもので、秋になれば自然に葉色が回復するので心配ありませんが、夏はできるだけ涼しい環境で過ごさせましょう。非耐寒性のため、冬期は室内の窓辺等での管理をおすすめします。鉢土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えてください。過湿を嫌うので、水のやり過ぎには注意しましょう。春~秋の花がよく咲く時期には、緩効性肥料を与えてください。そうすることで株が充実し、花数と花色の鮮やかさが増します。