山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.694】グレビレア「プーリンダシグネット」

2019.03.29

グレビレア「プーリンダシグネット」

科名/ヤマモガシ科

 

《特徴》

 グレビレアは、オーストラリアのネイティブプランツとしてもおなじみの常緑低木です。日本で以前から出回っている「バンクシー」の他、250種以上あるといわれています。「プーリンダシグネット」は交配によって作り出された新しい園芸品種で、ピンクと白の花色のコントラストが美しく、鮮やかな赤花のイメージがある他の品種とは違った可愛らしい雰囲気を持っています。開花は主に春ですが、ローズマリーのような葉も趣があり、冬の寒さにも比較的強く、丈夫で育てやすいので、1年中戸外で楽しむことができます。

 

《管理方法》

 日当たりの良い場所を好みます。真夏の高温多湿を嫌いますので、庭植えの場合は水はけを良くして過湿にならないようにし、鉢植えの場合は夏は涼しい場所に置きます。土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えて下さい。水と肥料が多いと根を傷めてしまいますので、与えすぎには注意し、肥料は春と秋に少量与える程度にして下さい。水はけの良い弱酸性の土を好みますので、石灰の与えすぎに注意し、鹿沼土などを用土に混ぜてお使い下さい。