山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.669】ボックセージ

2018.09.28

IMG_8915!

ボックセージ

科名/シソ科

 

《特徴》

明瞭な青色が綺麗なセージの仲間の宿根草で

す。セージと言うと乾燥に強いという印象がありますが、このボックセージはどちらかと言うと湿度の高い環境を好みます。「ボック」という名前も、どうやら「湿地」という意味が由来のようです。花が小さく、一株だけではボリュームが心もとないように思えますが、花が綺麗なので沢山植えると見応えがあります。土を乾燥させすぎないように気をつければ、非常に丈夫なうえに花も咲きやすいので、プランターでも露地植えでも毎年楽しめます。

 

《管理方法》

野菜や花用の培養土で、鉢植えでも庭植えでも育ちますが、根の成長が早いので鉢植えの場合はこまめな植え替えが必要になります。根が詰まると乾燥の原因となるので、どちらかと言うと庭植え向きでしょう。根付くまではこまめな水やりが必要ですが、一旦根付いてしまえばそこそこの乾燥までなら耐えてくれます。冬には地上部が枯れますが、根は地下で生き残っており、翌春には芽吹きます。あとは増えすぎないように適度に引き抜いてやりましょう。丈夫なので根が傷んでも簡単には枯れません。肥料は花用の緩効性肥料や液肥を与えると良いです。