山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.668】フリーセア・アストリッド

2018.09.21

IMG_8949!フリーセア・アストリッド

科名/パイナップル科

 

《特徴》

フリーセア属は熱帯アメリカ原産で、およそ230種が分布しています。その中でも「フリーセア・アストリッド」は花も咲きますが、ツヤのある質感の葉が魅力です。草姿はシャープなストレート葉ですが、乾燥してくるとパーマをかけたように丸まってきます。あえて乾燥気味に育てることで、パーマ風な葉を楽しむのもおすすめです。寒さには弱いですが耐暑性に優れているので、シックなインテリアグリーンとして気軽にお部屋で管理できます。

 

《管理方法》

置き場所は半日陰になる所がおすすめです。春~秋は株の上から水を与え、筒状になった葉の間に水をためておきます。冬の時期に室温が下がる場合は、鉢を逆さにして筒状の中にたまった水を落とし、鉢土が乾いたら鉢土だけに水を与え、筒の中に水をためないようにして下さい。肥料は春から秋にかけて1~2回、緩効性化成肥料を置き肥します。花後に子株が生じたら株分けをしましょう。寒い時期は避け、5月~9月に行います。子株の葉が7~8枚になったら親株から切り離し、水ゴケなどを用いて植えつけます。子株の葉が少ないと活着しないことがあります。また、親株に近い位置で切ると、子株の基部が筒状になって活着しなくなるので注意しましょう。