山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.659】ブラキカム「ピンクデライト」

2018.07.13

IMG_8693!ブラキカム「ピンクデライト」

科名/キク科

 

ブラキカムは、以前は「姫コスモス」の別名で呼ばれていました。横に這うように伸び広がりながら、春から秋までくり返し花を咲かせます。小輪多花性の草花で、近年のガーデニングシーンでは、寄せ植えなどでもすっかりおなじみの人気者です。「ピンクデライト」は、開花期が長いうえに、丈夫で育てやすい品種です。ブラキカムの中では比較的大きめの直径2~3cmのソフトピンクの花が、「デライト(喜び)」の名のとおり株いっぱいに咲いて、うれしくなる程の花付きの良さです。

 

《管理方法》

戸外の明るい場所を好みます。夏場の高温多湿は嫌うので、風通しの良いところが最適です。夏場の高温多湿には注意が必要ですが、土の表面が乾くのを待ってから、たっぷりと水を与えて下さい。花付きを良くするために、肥料はリン酸の多いものを与えて下さい。寒さにも比較的強く、軽い霜が当たるくらいなら、戸外でそのまま冬越しできます。真夏の高温期と真冬の厳寒期は、開花を休む場合があるので、伸びすぎた茎を刈り込んで、株のバランスを整えるのも良いでしょう。