山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.645】 ネメシア「チョコバナナ」

2018.03.30

IMG_8253!ネメシア「チョコバナナ」

科名/ゴマノハグサ科

 

《特徴》

シックなプラム色と鮮やかなイエローが魅力的な新色ネメシアです。スイーツのような、ほのかに甘い香りも楽しめます。育てる環境によって、若干色合いが変わることもあります。分枝性に優れているため、花数も多くなり、こんもりと形良くまとまった草姿になります。斬新な2色の花色は寄せ植えのメインはもちろん、アクセントとしても活躍します。

 

《管理方法》

日当たりと風通しの良い場所で育てて下さい。有機質に富んだ水はけの良い土を好みます。花壇では排水の良い場所を選びましょう。元肥として緩効性肥料を入れると、花つきが良く、花色も鮮やかになります。多湿を嫌うので、鉢植えの場合、雨の日が続く時は軒下へ取り込みます。植えつけ1ヶ月後から、月1回程度固形肥料を置肥するか、週1回液肥をかけます。土の表面が乾き始めたら水を与えます。花が咲き終わったら、草丈の半分程度の長さに切り戻します。切り戻すと新芽の発生が促され、追肥を与えると新しい芽が伸びます。夏越しをさせる場合は、午後からの日差しを避ける場所に置きましょう。真夏の切り戻しは控えて下さい。冬はマイナス5度以下になる地域ではフレーム等で防寒するか、室内に取り込みます。長雨時や、株が茂って風通しが悪いと灰色かび病が発生しやすくなります。放置した花がらが発生源になるので、こまめに取り除きましょう。