山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.637】へーべ「ジュエルオブザナイル」

2018.02.02

IMG_8094!へーべ「ジュエルオブザナイル」

科名/ゴマノハグサ科

 

《特徴》

ヘーベの名は、ギリシャ神話に登場するヘラクレスの妻「ヘーベ」に由来しています。別名「トラノオノキ」とも呼ばれ、上に伸びた花穂は虎の尻尾の様でもあります。「ジュエルオブザナイル」は緑の葉に黄色の外斑が入り、低温になるとその縁がピンク色に変化する、コンパクトなサイズのヘーベです。オーストラリアやニュージーランドに分布する半耐寒性常緑低木で、年間を通して枯れることはありません。秋から早春にかけての寄せ植えにピッタリのカラーリーフプランツです。斑入りの葉がとても綺麗なので、ハンギングなどの寄せ植えにも多く使われています。

 

《管理方法》

日当たりの良い場所と水はけの良い土壌を好みます。あまり過湿になると根を傷めてしまいますので、土が湿っている間は水を与えず、土が乾いてからたっぷりと水を与えてください。春~秋の生長期には、液体または固形の肥料を定期的に与えてください。夏は高温多湿を避けて軒下などの半日陰に置き、冬は霜を避けて室内の明るい窓辺に置きましょう。以上のことから、花壇に植えるよりは鉢植えに向いているといえます。また、花後に伸びすぎた枝や込み入った枝を剪定してやると、綺麗な形を保ちます。