山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.633】シクラメン「リップスチャチャチャ」

2018.01.05

IMG_7753!シクラメン「リップスチャチャチャ」

科名/サクラソウ科

 

《特徴》

シクラメン「リップスシリーズ」は矢祭園芸(福島県)が育種をした品種で、その新品種として「リップスチャチャチャ」や花弁の真ん中に線が入った「リップスストライプ」などがあります。「リップスチャチャチャ」は、篝火のように燃え上がっている炎をイメージさせるような切れ込みが花びらに入っています。その花びらの揺れる姿が、拍手をしているように見えることから、拍手の擬音語をとり「チャチャチャ」と名付けられたそうです。赤から薄いピンクへのグラデーションの花色がとても鮮やかです。種類によっては赤からオレンジへのグラデーションもあり、バリエーション豊かな品種です。

 

《管理方法》

暖房の効き過ぎていない涼しい部屋の日当たりの良い場所での管理が最適です。10~15℃の気温がおすすめです。暗い場所や気温が高い場所では葉が黄色くなるので注意しましょう。日光が強かったり、水切れしたりすると、花や葉がしおれてきます。咲き終わった花や傷んだ葉は、茎の根元近くを持ってねじるようにして引き抜きましょう。茎が残らないように引き抜くことで、株の傷みを防ぎ、良い状態を保てます。土の表面が乾いたら水を与えましょう。底面給水タイプの鉢で管理すると楽です。花が終わる春までは液体肥料を月に2~3回与えましょう。緩効性肥料を与えておくのもおすすめです。