山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.627】ビオラ ソルベシリーズ「イエローブルージャンプアップ」

2017.11.17

IMG_7582!ビオラ ソルベシリーズ「イエローブルージャンプアップ」

科名/スミレ科

 

《特徴》

花びらはバイカラーで、ブルーとイエローのコントラストがとても鮮やかです。縁は白く彩られていて、人工的に色付けしたかのような色合いも魅力的なビオラです。このソルベシリーズは、雑種強勢により強健で、環境や気候に適応する能力が高く、極端な徒長が発生しにくい品種です。さらに花色も豊富で、コンパクトで多花性なのが特徴です。

 

《管理方法》

日当りと水はけの良い場所を好みます。秋から春にかけてたくさんの花を咲かせるためには、植え込む際に元肥をしっかり与えて下さい。特にリン酸の多い肥料を与えることで、花付きと花色が格段に良くなります。冬の時期の水やりは、土が凍らないように、午前中の気温が上がってくるタイミングで行いましょう。ビオラは花が枯れるとすぐに実を付けて種を作ります。種ができるまで枯れた花を放っておくと、栄養素を種の生成に使ってしまうため、こまめに花がら摘みをして下さい。花茎の元をねじるようにするとスムーズに摘み取れます。間延びしてしまった茎は切り戻しをすることで、株をいい状態に保てます。主な病害虫としてアブラムシやヨトウムシ、炭そ病があります。害虫はオルトランなどの薬品が有効です。炭そ病は葉に淡黄色の病斑ができ、花弁が奇形になります。長雨で多湿状態が続くと発生しやすく、窒素肥料過多、日光不足も影響するので注意しましょう。