山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.610】ルドベキア「ルビールビー」

2017.07.21

IMG_7086!ルドベキア「ルビールビー」

科名/キク科

 

《特徴》

北アメリカ原産の八重咲き~セミダブル咲きのルドベキアです。花色はワインレッドからくすんだピンク、オレンジイエローなどまで幅広く、花芯はブラウンで、アンティークな印象がとても魅力的な品種です。夏の暑さにも強く、11月頃まで花を咲かせてくれます。冬は地上部が枯れてなくなりますが、翌年も株は残り、また花を楽しむことができます。

 

《管理方法》

日当たりの良い場所を好みます。明るい日陰でも良く育ちます。乾燥には強く、多湿を嫌うため、なるべく風通しの良い場所で管理しましょう。土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えてください。植え付けの際には元肥を施し、開花前の4月頃から10月頃までリン酸成分の多い緩効性肥料を与えることで、花付きが良くなり、花色も綺麗に出ます。主な病害虫として、3月から10月にかけてハモグリバエが発生することがあります。葉に絵を描いたような白い筋ができ、次から次へと葉を食べてしまうため、見つけ次第潰して駆除しましょう。オルトランやベニカシリーズの薬品も効果的です。