山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.605】ビンカ・ミノール「イルミネーション」

2017.06.16

IMG_6935!ビンカ・ミノール「イルミネーション」

科名/キョウチクトウ科

 

《特徴》

「ビンカ・ミノール」は、「ヒメツルニチニチソウ」の学名で、暑さ・寒さに強く、育てやすい常緑多年草です。「ツルニチニチソウ」と呼ばれる「ビンカ・マジョール」よりもひとまわり小ぶりな葉で、茎も節間の短いコンパクトな状態で這うように伸びていきます。

花期はおもに春ですが、葉は1年を通して楽しめます。日向から半日陰まで、さまざまな場所で利用できます。冬は極端な寒さにあたると葉を落としますが、春には再び葉を出します。

「イルミネーション」の名がつけられた品種は、鮮やかなゴールドの斑入りの葉が美しく、グランドカバーはもちろん、ハンギングや寄せ植えなどに利用しても、とても華やかなイメージに仕上がります。

 

《管理方法》

日当りと水はけの良い場所を好みますが、場所はあまり選ばず、放任してもよく育ちます。ただし、緑の葉が出てきたときは株元から切り戻してください。茎が伸びすぎた時も、適度に剪定してください。青紫の花も美しいので、リン酸の多い緩効性の肥料を植え込み時に土に混ぜて使い、土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えてください。