山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.585】胡蝶蘭「アカネ(茜)」

2017.01.27

IMG_2471!胡蝶蘭「アカネ(茜)」

科名/ラン科

原産地/熱帯アジア

 

《特徴》

舞い踊る蝶のような花姿は清楚で、優雅な貴婦人を想わせる魅力的な花です。なかでも、「アカネ(茜)」は、赤みの強いマットなサーモンピンクの個性的な色合いがすばらしく、気品ある雰囲気は珍しいタイプのファレノプシス(胡蝶蘭)を求める人へのプレゼントにも好適。

新たな花色の創造を評価され、ベスト・フラワー(優秀賞)とカラークリエイト特別賞を同時受賞しました。

 

《育て方》

春~秋はレースのカーテン越しの日光が当たる場所(夏は屋外の風通しの良い場所)に置いて下さい。冬の間は夜間は窓辺から離し、最低温度が10℃以上を保てる所に。また、水は水苔が乾いてから与えましょう。

冬期は水やりの回数を控えめにし、週1~2回を目安とします。肥料は最低温度が15℃以上を保てる期間に、液体肥料を水やり代わりに月3回程度与えて下さい。胡蝶蘭は温度を保てると1年に2度花を咲かせます。

花後に花茎の半分以上上の節の所で切ると、花芽が伸びることがあります。なお、植え替えは2年に1回、古い水苔と枯れた根を取り除き、新しい水苔で植え替えて下さい。適期は5~7月の梅雨明けまでです。