山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.577】リンドウ「セシルピンク」

2016.11.25

img_6066リンドウ「セシルピンク」

科名/リンドウ科

 

リンドウは秋を代表する山野草としておなじみです。新しい園芸品種として登場した「セシルピンク」は、やや黒味を帯びたダークカラーのシックな葉色と、輝くような淡いソフトピンクの花色のコントラストが美しく、秋のガーデニングシーンの中でもひと際目をひく存在です。

花期は9月から11月(軒下などで霜にあたらなければ12月)まで。草丈は5~10cmとコンパクトで花つきが良いので、庭植えはもちろん、ハンギングやリースなどの寄せ植え素材としても活躍してくれます。

 

 

《管理方法》

日あたりの良い場所を好みます。日光にあたり、昼夜の気温差が大きいほど、葉色が濃く現れます。寒さには強く、真冬は休眠しますので、0℃以下になっても枯死することはありません。土の表面が乾いたら水をたっぷりと与えますが、休眠状態で地上部が枯れているときは、水やりを控えてください。

暑さにも強いのですが、真夏の高温多湿は苦手なので、風通しの良い場所に置くようにしてください。春~秋の生長期には、液体または固形の肥料を定期的に与えてください。