山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.575】プレクトランサス「ブルースパイヤー」

2016.11.11

img_5944プレクトランサス「ブルースパイヤー」

科名/シソ科

原産/オーストラリア

 

《特徴》

薄紫色の小花と、クリームイエローの斑が入った肉厚の葉がとても美しい品種です。葉を指でこすると、清涼感のある爽やかな香りが漂います。茎の先についた葉先から10cm程度の花穂を伸ばし、淡いブルーの花が尖塔(スパイヤー)を形成するように咲きます。

開花期は春から秋までと長く、草丈は30~40cm程度まで成長します。真夏は花数が減りますが、暑さに強く、爽やかな草姿を楽しめます。

 

《管理方法》

明るい半日陰を好みます。日陰でも育ちますが、葉色と花つきが悪くなりやすいので注意しましょう。土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えて下さい。

非耐寒性なので、冬越しさせる場合は室内の窓辺に取り込むか、霜があたらない軒下などに移動させましょう。早めに室内に取り込むことで、生育と開花が続きます。

肥料は緩効性化成肥料を元肥として土壌に混ぜておくと良いでしょう。春〜秋の開花期には、置き肥や液体肥料を与えましょう。

風通しが悪いときなど、年間を通してカイガラムシやハダニが発生しやすくなります。特にハダニは目に見えにくく、薬剤抵抗性を持っているので、同じ薬剤の使用は避けることをおすすめします。