山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.572】ユーフォルビア「スターブラスト」

2016.10.21

img_5864ユーフォルビア「スターブラスト」

科名/トウダイグサ科

原産/メキシコ

 

八重咲きユーフォルビアの最新品種です。チョコレート色の葉模様が個性的で、ピンクに染まった苞(ほう)がアンティーク感を演出してくれます。小さい苞が株一面に咲き乱れ、次々と咲き進みます。

暑さに強く、春から秋にかけて綺麗な状態を保ち、晩秋まで楽しめます。気温により、葉が緑色寄りになったり、苞のピンク色が薄くなったりします。ユーフォルビアの仲間は、茎や葉の切り口から出る白い液に触れると、かぶれることがあるので注意しましょう。

非耐寒性の常緑低木で、約5℃までは耐えますが、低温になり過ぎると落葉し、枯死することがあります。冬は霜があたらない室内か軒下で管理すれば、越冬させることも可能です。

 

《管理方法》

日当たりが良く、風通しの良い場所で管理しましょう。今の時期は乾燥気味に育てると良いでしょう。低温期の過湿は根腐れを招くので、鉢植えの場合は受け皿に水をためないようにして下さい。晩秋まで咲き続けるので、用土に元肥をしっかり混ぜて植えつけましょう。5月から9月頃までの成長期には、液体肥料または緩効性化成肥料を追肥すると良いでしょう。

風通しが悪い場合などに、害虫が発生しやすくなります。アブラムシは新芽につきやすく、カイガラムシは茎や葉のつけ根に発生します。見つけ次第、スミチオン乳剤やオルトラン水和剤など、適用の薬品で駆除しましょう。