山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.563】サンスベリア「シルバープリンセス」

2016.08.19

IMG_5663!サンスベリア「シルバープリンセス」

科名/リュウゼツラン科

原産/熱帯・亜熱帯アフリカ

 

サンスベリアの仲間は、およそ70種もあり、地中に短い地下茎を張り、そこから厚みのある剣状や棒状の葉を伸ばします。その中でも、「シルバープリンセス」は明るいグリーンに乳白色の斑が入るスタイリッシュな葉が魅力です。

サンスベリアには空気浄化の効果があると言われていて、葉の気孔からとり入れた空気を、根のまわりに共生する微生物が吸収分解し無毒化してくれます。

さらに、カビの胞子や浮遊微生物を抑制するフィトケミカルという化学物質を葉から放出し、空気をきれいにするようです。また、葉から出る蒸散水分の調整によるマイナスイオンの放出量の多さも特徴です。

 

《管理方法》

日当たりの良い場所を好みますが、西日や真夏の直射日光を避けて育てることをおすすめします。葉焼けや葉の色がくすんだように薄くなる原因になります。乾燥に強く、水を与えすぎると根から腐ることもあるので、土の表面が乾いてから水を与えるようにしましょう。

冬は水やりを断ち、暖かくなるまで水を与える必要はありません。冬期に水を与えないことで休眠状態になり、耐寒性が増します。お部屋で育てていると葉にほこりがたまりやすいので、時々拭き取ってあげると良いでしょう。