山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.557】サボテン「墨烏帽子」

2016.07.08

IMG_5547!サボテン「墨烏帽子」

科名/サボテン科
原産/西インド諸島

 

《特徴》

表面のトゲが痛くなく、お子様やペットのいるご家庭でも安心して育てることができるサボテンです。また、バンザイしているような可愛らしい姿から、「バンザイサボテン」とも呼ばれています。

 

《育て方》

日当たりの良い場所を好みます。夏はレースのカーテン越しぐらいの日光を、それ以外の季節は十分に直射日光に当ててください。また、夏の熱帯夜を嫌いますので、夏期は風通しが良く涼しい場所に置きましょう。冬期は室内に取り込み、最低温度を5℃以上に保てる場所に置いてください。

サボテンは少々の乾燥には耐えますが、逆に多湿にすると腐ってしまうため、水の与えすぎには注意しましょう。目安として、7日~10日に1回程度与えてください。土が湿っている場合は乾いてから与えましょう。冬期はほとんど水を与えないで大丈夫です。

根が張りすぎて成長が鈍くなってきたら植え替えをします。植え替え適期は、早春の2月~3月です。水はけの良いサボテン専用土を使い、倒れない程度に浅めに植え付けましょう。なお、カイガラムシが付くことがあります。見つけたら早めに駆除しましょう。幼虫であれば薬剤散布が効きますが、成虫になると効きづらくなります。一度こそぎ落としてから薬剤散布をしましょう。