山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.553】ペチュニア「トロピカルティー」

2016.06.10

IMG_5428科名/ナス科
原産/西アフリカ・カナリア諸島

 

ペチュニアは、夜間の冷え込みがなくなってきた春から晩秋まで、戸外で楽しめることで人気の多年草です。

寒さには弱いため、日本では一年草として扱われていましたが、近年では、性質の良い品種を選抜して培養した栄養系品種が育種されており、花色や強健さが格段に改良され、霜よけなどで翌年も楽しめる品種が増えています。

栄養系ペチュニアの新品種「トロピカルティー」は、咲き進むにつれ、黄色から赤みを帯びたストライプ、さらにピーチピンクへと変化していく花色のグラデーションが美しいです。分枝力も良いため、株がきれいなドーム状になり、花色を変化させながら、たくさんの花を咲かせてくれます。

 

《管理方法》

日当りの良い場所を好みます。過湿は嫌いますので、水はけの良い土に植えて、風通しを良くして管理してください。水は土の表面が乾いてから与えてください。

肥料は、植え替えの時にリン酸の多い緩効性の元肥を土に混ぜて与えておくと便利です。性質の良い栄養系品種なので、植え付け時の芽摘みは必要ありませんが、花がら摘みなどは適時行ってください。