山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.549】ガザニア「カナリアスマイル」

2016.05.13

IMG_5364

科名/キク科

 

《特徴》
ガザニア「カナリアスマイル」は、可愛らしい小輪系のガザニアです。黒い模様が入らないすっきりとした花色で、春から秋にかけて5~6cmほどの花をたくさん咲かせます。

一般的な品種に比べて、圧倒的な分枝力と生育力を兼ね備えており、プランター・花壇・鉢植えに適しています。

 

《育て方》
日当たりと水はけのよい場所を好みます。真夏は暑さと湿気を避けるため、風通しのよい場所を選びましょう。日当たりの悪い場所だと、蕾がついていても開かないので気をつけてください。冬は霜にあてないようにし、3℃以上の気温を保てる場所で管理しましょう。土の表面が乾いたら、しっかりと水を与えてください。過湿を嫌うので水の与えすぎに注意しましょう。

花期の間は次々と蕾があがってくるので、肥料を切らさないようにしましょう。終わった花は花茎の付け根から切り取ってください。梅雨の時期に蒸れて生育が悪くなるようであれば、込み合った葉を切り取り、風通しをよくしましょう。日当たりや風通しが悪いと、葉に小麦粉のような白い粉がつく「うどんこ病」が発生しやすくなります。また、アブラムシもつきやすいので、発生する前に農薬散布を心がけましょう。