山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.544】栄養系バーベナ ラナイ キャンディケーン

2016.04.08

IMG_9433

科名/クマツヅラ科

 

《特徴》
個性的な花色が楽しめるラナイシリーズです。這性が強く、ピンチを繰り返せば次々と花を咲かせます。草丈は25cm~30cmで、開花期は3月~10月。大きめのプランターやハンギングに向いています。キャンディケーンは赤色と白色のストライプで、これまでにないユニークな花色です。

 

《栽培方法》
日当たりと水はけの良い場所を好みます。土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。植付けのときには、元肥を土に混ぜ込んでおきます。肥料はリン酸成分の多い肥料を使用すると花付きが良くなります。追肥は緩効性肥料の置き肥を施します。肥料が切れると花付きが悪くなります。花が終わった花茎は付け根から切り取ります。草姿が乱れてきたら切り戻しを行いましょう。切り戻し位置は草丈の2分の1~3分の1位で、必ず株元の葉を数枚残しましょう。また、挿し芽で増やすことができます。しっかりした茎を先端から10cm程度に切り取って挿し穂にします。下の葉を取り除いて水揚げをしたら挿木用土に挿してください。なお、高温多湿の時期に蒸れてしまうと、カビが発生しやすくなります。発生する前にこまめに薬剤散布を心がけましょう。発生してしまった場合は発生場所を切り取り、薬剤散布をしましょう。