山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.542】桜ベゴニア

2016.03.24

IMG_8992

科名/シュウカイドウ科
原産/熱帯・亜熱帯地域

 

えっ?木から花が! とても珍しいベゴニア「桜ベゴニア」のご紹介です。「桜ベゴニア」の名前の由来は、桜のように花が咲いてから葉が出るところからきています。花木にはよく見られることなのですが、ベゴニアのような草花でこのような特性を持った植物はとても珍しいです。また、木のような茎も桜を彷彿させます。晩秋には葉が落ちて根茎だけになります。そして早春にそのままの状態で花が咲き、花後に葉が出てきます。その姿はまるで桜の木のようです。独特の雰囲気をもつ、魅力あるベゴニアをお楽しみください。

 

《管理方法》
乾燥には比較的強いほうなので、通常の植物よりも乾かし気味で管理します。水は土が乾いたらたっぷりあげて下さい。真夏の蒸れやすい時期に水をやりすぎると腐って枯れてしまいますので要注意。しかし、あまりに葉が乾燥するようであれば、霧吹きで葉に水分補給してやることも必要です。置き場所は、冬期は室内の窓辺、春~秋は屋外で管理しましょう。