山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.532】イングリッシュデージー ラベンダードリーム

2016.01.15

イングリッシュデージー「ラベンダードリーム」IMG_7859!

科名/キク科

 

《特徴》

「ラベンダードリーム」は、優雅な薄紫色の花が特徴のイングリッシュデージーです。草丈も20㎝程度とコンパクトで、栄養系のため、株の揃いがいいことも特徴です。

花期は1月~5月。花色が淡いので他の花と合わせやすく、花壇や鉢植えに加えて寄せ植えでも用途が広いです。

可愛らしい花とは裏腹に、株全体を見ると他のデージーより野性的な趣があります。なぜなら、ラベンダードリームは改良種ではありますが、もともとイングリッシュデージーはデージーの原種であるためです。そのため、強健な性質を持ち、涼しい地域であれば夏を越し、多年草として扱われることもあるようです。

 

《育て方》

日当たりのいい場所と、水はけ、水持ちのいい土壌を好みます。庭植えであれば放っておいても育ちますが、酸性を嫌うため、土壌を苦土石灰などで中和してやる必要があります。日本は全体的に土壌が酸性による傾向があるので気をつけましょう。

乾燥にはある程度耐えますが、土が乾いてしまうとすぐに萎びてしまうので、常に少し湿っているぐらいが適量になります。また、連続して次々と花を咲かせるため、元肥のほかに開花期は追肥をほしがります。