山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.526】冬咲きエリカ セッシリフローラ

2015.11.27

IMG_7325!

冬咲きエリカ セッシリフローラ

科名/ツツジ科

 

《特徴》

エリカはアフリカ、ヨーロッパを原産としており、その中でもこのセッシリフローラは南アフリカ原産の常緑低木です。

ツツジの仲間ですが、針葉樹のような見た目で、枝の先に穂のようなつぼみを付け、そこから長細い筒のような花を大量に咲かせます。さらに、エリカの中でも少し変わった見た目をしており、茎の先が丸くなっていて、花が咲く前はサボテンのような印象を与えます。

花の色も個性的な若草色で、とてもやさしい見た目をしています。

花期は11月~4月。花壇・鉢植え・寄せ植えに適しています。

 

《育て方》

セッシリフローラは南アフリカ原産のため、ヨーロッパ原産のものと比べて暑さに強いです。寒さにもある程度耐えますが、霜が降りるような季節は軒下に置くか、屋内の窓辺に置くのが良いでしょう。

また、水は土が乾き始めたら、完全に乾いてしまう前にたっぷりと与えましょう。水のやりすぎには注意してください。エリカは弱酸性の土壌を好むので、たまに株元をピートモスなど酸性の用土で覆ってあげると元気に生育します。

加えて、非常に細く大量の根を張るので、鉢植えの場合は根詰まりまでが早いです。水はけが悪くなったり、葉が少なくなったと思ったら、すでに根詰まりしていると思われるので、一回り大きな鉢に植え替えてください。