山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.521】ベロニカ ファーストラブ

2015.10.23

IMG_4731!ベロニカ ファーストラブ

科名/オオバコ科

 

《特徴》

「ファーストラブ」はオランダ生まれの宿根草ベロニカです。5月から11月頃にかけて、鮮やかな可愛いピンクの花を株いっぱいに咲かせます。

草丈は30~40cmになり、縦のラインが美しく、スマートな草姿も魅力です。ボーダー花壇では特によく植えられ、細長い花穂が整然と並んで咲く様子は壮観です。

耐寒性・耐暑性ともに高く、生育旺盛で病気にも強く、手間のかからない品種です。関東以西の地域では、冬場も無加温栽培で、翌春には地際から驚くほどの新芽を出して成長します。

花壇でも鉢でもよく育ち、寄せ植えの材料としても人気です。

 

《育て方》

日当たりと水はけのよい場所を好みます。日当たりや風通しが悪いと、灰色カビ病などが発生します。

また、水はけが悪いと、立ち枯れ病が発生するおそれがあります。水切れすると下葉が枯れたり花付きが悪くなるので、用土が乾き始めたら、たっぷりと水を与えます。

肥料は、庭植え・鉢植えともに、株の周囲に緩効性肥料を施します。芽が伸びてからの多肥は、茎が倒れやすくなるので注意しましょう。

アブラムシが付きやすいので、生育中はよく観察し、早めに防除します。

咲き終わった花は切り取り、ひと通り咲き終わったら、茎の中ほどで切り戻しをすると、脇芽を伸ばします。