山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.517】リンドウ 心美・舞

2015.09.25

IMG_4625!リンドウ 「心美・舞」

科名/リンドウ科

原産/世界のほぼ全域

 

リンドウは日本では本州~奄美諸島に分布し、秋を代表する花として、古くから親しまれてきた山野草です。現在でも、茎の長くなる切花用や、横に広がるように分枝する花壇・鉢花用など、さまざまな品種が栽培されています。

「心美・舞」は、一般的な青い花ではなく、紫がかった鮮やかなピンクの花色が特徴です。鉢花用品種の中では、花はやや小ぶりですが、株いっぱいにたくさんの花を咲かせます。

リンドウの花といえば、やや地味なイメージを持つ方も多いですが、この「心美・舞」は華やかなイメージの花色のため、ギフトフラワーとしても大変人気があります。

花期は9~11月くらいで、草丈は15~25㎝くらいになります。庭植えをしても毎年楽しめる宿根草です。

 

《管理方法》

日当たりと水はけの良い所を好みます。日当たりが悪いと茎が間伸びしたり、花つきが悪くなったりすることがありますので、注意してください。

ただし、夏場の高温多湿は苦手なので、夏の直射日光が当たり過ぎないよう、落葉樹の下などで管理して下さい。

土は水はけの良い酸性土壌を好みます。肥料はリン酸の多いものを与えてください。

株は挿し木で殖やすことができます。