山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.513】ルッセリア・エキセティフォルミス

2015.08.28

IMG_6284!ルッセリア・エキセティフォルミス

科名/ゴマノハグサ科

 

ルッセリア・エキセティフォルミスは、「ハナチョウジ」という和名を持つゴマノハグサ科の植物です。スギナを大きくしたような、グラスやトクサにも似た、なんとも不思議で面白い植栽効果のある植物で、特徴的な節のある茎が目を引きます。

茎はよく枝垂れ、地に植栽すると噴水状、高い位置に植栽するとカスケード状になります。初夏~夏の高温期には、長期にわたりコーラルレッドの細長い形状の花をたくさん咲かせます。枝垂れる茎との対比が非常に美しく、ガーデンプランツとして独特の個性を持った、新感覚で魅力的な植物です。

 

《管理方法》

耐寒性は低いとされていますが、耐寒試験ではマイナス7℃程度でも地上部の葉傷みくらいで無事に越冬できました。とはいえ、冬は屋内で観葉植物として管理してください。

また、乾燥には比較的強い植物です。原産地では乾燥した高山帯でサボテンと同じ場所に自生していますが、十分に水を与えて栽培する方が、茎が活き活きとよく伸びて枝垂れ、カスケード状の見応えのある草姿となります。

春~秋は普通に水を与え、冬季は乾かし気味に管理すると越冬成績が良くなります。

肥料は月に1度、緩効性肥料を与えてください。