山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.510】アルテルナンテラ「マーブルクイーン」

2015.08.07

アルテルナンテラ「マーブルクイーン」

科名/ヒユ科

 

《特徴》

「マーブルクイーン」は、綺麗な黄色の斑、赤色と黄色のマーブル模様がはっきりと入ります。他にはない葉色を活かして、寄せ植えやハンギング、庭植えなどで、他の花や葉をより美しくひき立ててくれます。

草丈は20~30cmで、横IMG_4469!に枝を伸ばしながら這うように広がるので、グランドカバーにもおすすめです。

切り戻しを行なうことで、株がコンパクトに仕上がります。

 

《育て方》

日当たりと水はけの良い場所を好みます。暑さには強いですが、寒さには弱いため、冬越しさせる場合は、霜に当たらないように鉢上げし、日の当たる5度以上の室内で管理します。越冬させた株は、霜のおそれがなくなったら、戸外に植えます。4月以降に株分けや挿し芽をすれば殖やすことができます。

土の表面が乾いたら、水をしっかりと与えてください。水切れすると、葉が傷みますので注意しましょう。

鉢植えの場合、冬を除いて月に1回、緩効性肥料を与えてください。地植えの場合は、春と秋に緩効性肥料を与えてください。追肥は窒素肥料を少なめにすると葉色が良く出ます。

病害虫はヨトウムシやアブラムシがつきやすいので、定期的に防除するのが良いでしょう。