山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.486】ニワザクラ

2015.02.20

IMG_2260!ニワザクラ

科名/バラ科

 

中国の中部から北部が原産地ですが、「ニワウメ」の近縁種で、わが国でも室町時代にはすでに栽培されていたといわれるバラ科サクラ属の落葉低木です。樹高は1mから1.5mくらいまでになり、最近でも庭や公園に植栽されたものを見かけることができます。

花期は4月~5月頃で、淡いピンクの八重咲きのかわいい花を枝いっぱいに咲かせます。花の大きさは1cmほどで、白花で咲くこともあります。近年では、小さなポット仕立ての苗木がミニ盆栽や寄せ植え材料としても利用され、人気となっています。

 

《管理方法》

日当たりと風通しのよいところを好みますが、耐寒性・耐暑性ともに高く、あまり大きくならない上に、放任しても樹形が乱れず、ほどよい株立ちになるため、とても育てやすく、狭い庭でも楽しめます。

庭植えの場合は冬の落葉期にはほとんど水やりを必要としませんが、ミニ盆栽などの小さな鉢植えの場合は乾きやすいので、適度に水を与えて下さい。肥料は庭植えのときは寒肥として毎年1月~2月に、ミニ盆栽などの場合は液肥を月に1回程度、いずれもリン酸の多いものを与えて下さい。