山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.472】しだれ咲きパンジー

2014.11.07

IMG_2507!しだれ咲きパンジー

科名/スミレ科

 

このしだれ咲きパンジーは他のパンジーと大きく違い、花茎を長く伸ばすことで、鉢からこぼれるようにして咲きます。また、1株1株も通常のパンジーより大株であり、寄せ植えの縁やハンギングなどからこぼれ咲く姿は、優雅でありながら豪華な印象を与えることでしょう。茎を伸ばした先で花を付ける性質を活かして、寄せ植えをする際、株同士をギュッと寄せて植えると、鉢の中で均等にうまく花が混ざります。

 

《管理方法》

パンジーはもともとヨーロッパ原産のスミレを園芸品種として改良したものであり、寒さに強く非常に育てやすいため、冬場には初心者から熟練者まで好んで利用されています。冬場にも水を好むので、夜の間に凍ってしまわないよう、午前中にしっかりと水を与えましょう。また真冬にも生育を続けるため、いつまでも肥料を欲しがる植物でもあります。植え付ける際に緩効性肥料などを与えましょう。

また、萎れてしまった花は早めに摘んでやることが大切です。この花がら摘みを行うか否かによって、株の生育は大きく違ってくるでしょう。