山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.463】ユーパトリウム ピンクフロスト

2014.09.05

IMG_2019!ユーパトリウム ピンクフロスト

科名/キク科

 

《特徴》

ユーパトリウム「ピンクフロスト」は明るい印象の斑入り葉品種。幅広の黄斑が葉に入り、花は愛らしい淡桃色です。花の少ない秋ごろに可憐な小花をたくさん咲かせ、草丈も高くなるので庭園でも存在感があります。

耐寒性・耐暑性にすぐれていて繁殖力があるので、露地植え、鉢植えどちらにもおすすめです。花壇、鉢花、切り花などさまざまな花の演出が楽しめ、重宝される山野草です。

 

《育て方》

日当たりと水はけの良い場所で管理しましょう。水は土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。根腐れになるので過湿には十分注意しましょう。植え替え時に、元肥としてリン酸が多めの緩効性肥料を与えましょう。株を大きくしたい場合は、チッ素とカリウムが多めの液体肥料を追肥しても良いです。ただし、肥料が多すぎると茎葉ばかりが茂るので注意してください。

咲き終わった花はそのままにしておくと、そちらに余分な栄養がとられる上に見た目も悪いので、こまめに摘み取るようにします。そうすることにより、次々と休まずに花を咲かせてくれるでしょう。