山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.459】ペチュニア「ブルースターダスト」

2014.08.01

IMG_1793!ペチュニア「ブルースターダスト」

科名/ナス科

原産/南アメリカ

 

ブルーとホワイトの星が浮き出たような個性的な模様が入る、変わり咲き栄養系ペチュニアで、性質の良い品種を選びシリーズ化した「5つ星コレクション」のひとつです。花色のコントラストがはっきりして、遠くからでも良く目だち、爽やかな印象のあるペチュニアです。中輪多花性で、草丈は高くならず、特に脇枝の伸びが強いので草幅が出ます。草姿はややこんもりと茂るタイプです。盛夏の盆明けにかけても開花が止まることなく持続します。魅力的な花色を活かして寄せ植えなどにもオススメです。

 

《管理方法》

日当たりの良いところを好みます。深植えしないよう注意しましょう。植え込み後はたっぷりと水を与えます。その後は、土の表面が乾いてから、たっぷり水を与えてください。肥料は元肥を充分に施しましょう。多肥を好むので、生育期は緩効性肥料または液肥を定期的に与えましょう。

植え替えてから1~2週後に、先端の芽を切りましょう。そうすると、側枝が伸びて花数が多くなります。株元に花がなくなってきたら、全体を思い切って10cm位に切り戻すと、根元のほうから枝数が増えて立派に咲いてくれます。