山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.447】クリソセファラム「スマイリープー」

2014.05.09

IMG_0959!クリソセファラム「スマイリープー」

科名/キク科

原産/オーストラリア

 

茎の先端に咲く鮮やかな黄色の小花と美しい銀葉のコントラストがとても可愛い植物です。「イエローボタン」とも呼ばれ、原産地ではハーブとしても扱われています。

早春から晩秋まで次々と花を咲かせ、開花が進むにつれて花の黄色が濃くなってきます。株は幅40~50cm、高さ15~25cm程度になり、ロックガーデンや花壇、鉢植え、寄せ植えなどいろいろと楽しめます。花を乾燥させてアレンジメントに使うのも良いです。

 

《管理方法》

日当たりと水はけの良い場所で管理しましょう。暑さと寒さ、乾燥に強く、暖地であれば露地植えもできます。ただし、多湿には弱いので、梅雨時期の蒸れには注意が必要です。土の表面が白く乾いてきたら、たっぷりと水を与えましょう。肥料は、元肥として緩効性化成肥料を用土に混ぜます。また、薄めた液体肥料を定期的に施しましょう。

花が咲き進み、株が乱れてきたら強めに切り戻すことで、再び花の勢いが良くなります。切り戻しは1年中可能で、切り戻して4~8週間くらいで元の大きさに戻ります。切り戻した場合は、新芽の発育を助けるために肥料を施します。その際にひと回り大きめの鉢に植え替えると、より一層豪華な株に育ちます。